So-net無料ブログ作成
冬物語 ブログトップ
前の3件 | -

冬物語 その13 / END [冬物語]

(第ニ十三話:雲への階段[最終回])
206831645_5.jpg
夜中に病室から良之と信子がいなくなったことに気付く浩たち。

206831645_14.jpg
2人は「クラブF」で「時のいたずら」を歌っていた女性(マーサ三宅)と
再会する。
「海に行きたいな。海鳴りの音が聞きたい」

206831645_49.jpg
「死が何であるかを本当に分かった人間てのはどうしてそんな不思議な
 優しさを 持っているのかね・・・」
「多分、普通の人間より数倍も数十倍も激しく人生を見つめているからだ」
「俺は負けたよ。乾さんにも完全に負けた。
 信子という女性も素晴らしいや。
 そういう彼の全てをとらえて離さなかったんだ」

206831645_52.jpg
「太陽はまだ?」
「ええ、でも水平線がほんのり白んで来たわ」
「寒くないか?」
「ええ、大丈夫。あなたは?」
「(うなずき)太陽が出たら教えて」

206831645_53.jpg
20130307164951.JPG
いきなり、ガクッと崩折れる良之。
「良之さん!」
「ちきしょう、足が。 力が入らないんだ」

206831645_62.jpg
206831645_1.jpg
20130307165112.JPG

「朝凪だなぁ。 海鳴りがだんだん遠くなっていくのが分かる。
 ・・・日の出見たら病院、帰ろう。」
「手の痙攣が収まってるわ」
「足だってもうじき元通りになるよ。
 それに目だってひょっとしたら太陽が拝めるようになるかもしれないな。
 な? ・・・信じられないの?」

「信じてる。私、ずっと信じてるのよ。
 きっと朝の太陽が、あなたの目を、あなたのすべてを元通りに
 してくれるわ。
 私あなたが海に行こうって言い出した時、そう予感したの。」

「そっか。・・・良い子良い子(信子の頭をなでる良之)」
206831645_7.jpg
「どうして?私、本当に信じてるのよ?」
「だから「良い子良い子」って言ったじゃない(笑)」
「父はね、私が何かムキになって言うと決まって「おまえは良い子だ良い子だ」って
 茶化したの」

こころなしか、声が弱くなって来ている良之。

「俺はそんな気持ち分かるな」
「何で?」
「君はあまりにも頑固で、素直だからだ。」

206831645_2.jpg
「私、変わったの。 あなたによって変わったのよ。
 自分でも知らない内に、いつの間にか私の中に太い一本の樹が生えたのよ」
「そいつは、青い葉っぱ、付けてるのか?」
「ええ。 枝だって、日毎に空へ空へと延びて行くわ」

「そっか。(息を吐く良之。)何だか、俺、ホッとした気分になった」

206831645_69.jpg
夜明けの光を待ちながら子供の頃やレーサーになったいきさつを話す2人。

20130307165237.JPG

これまでレーサーとしてスピードに生死を賭けてきた日々を振り返る良之。

「機械(車)が勝つか、俺が勝つか・・・馬鹿な事してきたな。

 今だったら何になりたいかな・・・。

 人間、以外だったら    ・・・何でもいいや」



206831645_80.jpg
ハッとする信子。「良之さん!」
206831645_81.jpg
206831645_91.jpg
206831645_94.jpg

 風が春を運ぶ
 木の芽疼き、水温む
 人は笑いさざめき、されど誰も振り向かず冬を忘れる
 しかし冬の仄白い顔の下に
 熱い地面の火照りを秘めた、あの愛の息遣い
 たとえ、雪解けが来ても、冬の死が訪れようとも
 染め上げられた愛の記憶と共に
 春を貫く
 春を貫く
 春を貫く 

206831645_96.jpg
206831645_101.jpg
4月16日(月) 晴
良之の時間が残り少ないと知ってから書き始めた日記にそれだけ記入し、
後が続かず号泣する信子。

206831645_102.jpg
就職の面接を受けている信子。
「乾 信子です。」
なかなか厳しい条件を述べる面接官(「冬物語」ナレーターの中江真司)。
どうしても仕事が欲しいんです、と述べる信子。
「姓が変わっているが?」「・・・半月前に亡くなりました。」

206831645_108.jpg
谷沢順子もモデルの仕事に復帰した。

206831645_135.jpg
出版社へ就職した浩は、良之の言っていた「地図にない湖」の話をする。
北川は陸送の仕事で北海道へ。 植村典子は美容師の学校へ。
植村は関西へ残務整理へ。 
「何かみんな急にバタバタ穴から這い出したみたいに忙しくなるんだね」

206831645_169.jpg
「みんな別れ別れになって行くのね。 私たち2人だけ残っちゃった」
「・・・姉さん」
ウグイスの鳴く声が聞こえる。

206831645_156.jpg
「太い一本の樹。 そいつは青い葉っぱを付けている」
「何だいそれ?」
「あの人が死ぬ前に私に言った言葉なの。
 太い一本の樹。 そいつは青い葉っぱを付けているって」

206831645_162.jpg
206831645_164.jpg

20121029-2.jpg

P.S.
1972年は、私の心を激しくとらえた2本のドラマが放映された年でした。
NHKの「少年ドラマシリーズ」第一作「タイムトラベラー」(時をかける少女)と
この「冬物語」です。
長い間、フィルムが存在しないと言われていた「タイムトラベラー」は個人所有の
VTRが見つかりDVD化され、「冬物語」はCSでの再放送で観ることが出来ました。

幸福なはずなのに何だかさびしい感じがするのは何故なんでしょうね。

「冬物語」がCS300 日テレプラスで2013年6月3日(月)23:00より放送が始まります。
毎週月~木曜日(2話連続放送) 全23話
http://www.nitteleplus.com/program/drama/fuyu_monogatari.html
nice!(23)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

冬物語 その12 [冬物語]

(第ニ十ニ話:残された時間)
206831645_8.jpg
今日は純二が宗方物産の社長に就任するパーティの日。
だが純二は良之の手術決定について医師たちと議論を詰めていた。

206831645_13.jpg
手術は明日に決定した事を信子が告げに行く。

206831645_18.jpg
「もう一度、一日でも一時間でも、君の顔をこの目ではっきり見たい。
 その為なら、もっと、全てを賭けていいぜ」
「お願い。私の顔を忘れないで。
 私の髪も目も鼻もくちびるも忘れないでお願いだから・・・」

206831645_26.jpg
時間が無い、と嘆く良之。
「あたし、どうすればいいの?」
「俺のささやかな望みを叶えてくれるか? よし、じゃあさ、明日八時にここへ
 来てくれ。 万事はそれからだ」。
「もし誰かに見つかったら?」
「だいじょうぶだいじょうぶ、そんなビクビクしないビクビクしない」
「やってみるわ」
「よし・・・。(キスして)ホントおまえバカだな」
「あなたがバカにした」
「バカだから好きなんだ」

206831645_29.jpg
病室を訪ねて来た植村は手術が明日と聞いて驚く。
良之は植村と信子に、純二のパーティに顔を出すように勧める。
「そりゃ、パーティーなんて下らんと思うけどさ。 
彼は彼なりに、俺とは違った修羅の道を踏み始めた。
知り合いはその出発を見届けてやるべきだと思う。」

206831645_42.jpg
「信子さん、私この頃思うのよ。 
 平凡な事だけど、やっぱり人生って取り返しが効かないって。

 この年になって、もう私は昔の自分に戻れないわ。
 たぶんこのまま人を裏切り続けていくと思うの。それが実は自分をも裏切ること
 だって事が分かりながらもどうにもならないのよ。 

 悔しいけどこれはもう私の決められた人生。

 そんなふうに思うとね、今まで不幸な人だと思っていた信子さんのことが急に
 うらやましく 思えて来たの。

 ・・・でもね何もかも私には遅すぎたのよ・・・」

206831645_49.jpg
「アニキに伝えて。順子が手術の無事を祈ってるって」
「君は乾さんに会わないつもりか?」
「ええ」
「痩せ我慢を張るのはよしたまえ。乾さんは、明日、手術するんだ」
「純二さん、会わない事もひとつの愛なのよ。
 あなたそう言ってらしたでしょ?」
206831645_50.jpg
206831645_51.jpg

206831645_69.jpg
非常口から抜け出した良之は花の香りに気づく。
「こんな冬にも花、咲いてるのか」
「きれい・・・名前は知らないけど白い花がいっぱい」
「白い花か・・・」
nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

冬物語 その11 [冬物語]

(第ニ十一話:朝の光に別れを)
206831645_15.jpg
206831645_23.jpg
順子や浩・純二らは、北川からの電話で良之と信子が飛行機で
急遽、帰京したことを知る。
良之は「目が見える」と言い張り、信子もそれを信じている様子だと言う。

206831645_26.jpg
純二は「信子さんは怖がっているんだ。乾君を病院に入れたら今度こそ
2人だけの時間は永久に戻って来ないだろう。
・・・信子さんはそれを恐れているんだ。」

206831645_34.jpg
安ホテルに宿泊した2人。 
ネオンが眩しい、と言う信子に良之は「カーテンを閉めればいい」。
絶句する信子。 その部屋の窓にはカーテンは無いのに。

206831645_53.jpg
「誰も愛される事を前提に人を愛しているわけじゃないんだ。
 人を愛する行為ってのはね、それ自体充分に美しいんだよ。
 投げかけても投げかけても掴み得ないのが愛情なら、哀しいのは当然じゃないかね?」

206831645_35.jpg
たとえ暴力に訴えてでも良之を病院にいれる、それが最善だと訴える純二。

206831645_58.jpg
206831645_63.jpg
良之と言い争った時に初めて「信子」と呼ばれ、しびれるような喜びを感じる。

206831645_74.jpg
純二の案で、房子が信子と話している間に、強引に良之は病院へ。

206831645_75.jpg
「ええ、浩の言うとおり・・・。
 もし良之さんの病気が治ればまた一緒に暮らせるわ。
 もしそうでなかったら・・・。
 浩、答えて! 
 私たちの生活は2度と戻って来ないの!今日限り、永遠に、戻って来ないの!」
nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - 冬物語 ブログトップ